• HOME
  • カラーシミュレーション

カラーシミュレーション

カラーシュミレーションタイトル帯.jpg

実際の色選び。

colorshumi02.jpg
外壁塗装の色見本帳。1色が約3cm×7cmの大きさ
なので、大きな壁面で仕上がった時のイメージが
沸きにくい。
外壁や屋根の塗替えリフォームで大きな悩みとなるのが、色選びです。
思ったよりも白過ぎた、派手過ぎた、地味だった...など、色選びでの失敗が目立ちます。

多くの場合、使用する塗料の色見本帳というカタログに印刷された小さなサンプルから決めなければなりません。小さなサンプルから大きな外壁に塗ったときのイメージがしづらく、出来上がってみなければ分からない状態で色を決めなければなりません。
外壁は面積が大きいので、ポイントをおさえておかいと、なかなか思ったような仕上がりにはなりません。

特に、「サンプルでの色イメージ」 と 「出来上がった時の色イメージ」 は、壁紙選びの時よりもはるかにその差異が広がりますので注意しましょう。

色の見え方

色の面積効果

色の面積効果説明.jpg 明るい色は小さな面積で見た場合に比べ、大きな面積になると、いっそう明るい色に見えます。
暗い色は小さな面積で見た場合に比べ、面積が大きくなるにしたがって、いっそう暗い色に見えてきます。
このように明るさや色味に差がでるだけでなく、イメージも変化して見える現象を色のことを面積効果と呼んでいます。

光による色の見え方

同じ色を塗装しても、日光が降り注ぐところとそうでないところでは、色は違って見えます。 また、晴れた日の建物の北面と南面でも降り注ぐ太陽の光の違いにより色は違って見えてしまいます。 時間によっても太陽光線の色が変わるので、色の見え方は変わってきます。 日中、建物の正面(見られるところが多い外壁面)を基準に色を決めることをおすすめします。
晴れた日と曇りの日の見え方.jpg

パソコンでの色の見え方

インターネット上で、外壁や屋根の実例やカラーシュミレーションを提供されているサイトが多く見られます。
色選びの参考にはなりますが、パソコンやインターネットの利用環境によっても色の見え方に違いがあるので気をつけたいところです。
デスクトップパソコンは暗くノートパソコンは明るく見える傾向があります。もちろん、モニター調整によって色の明るさは変わってきます。OSの違いが見られます。Windowsは暗く、Macintoshは明るく見える傾向があります。また、モニター(液晶画面など)によっても違いが見受けられます。
パソコンイラスト1.jpg

周辺との色の調和

インターネット上で、外壁や屋根の実例やカラーシュミレーションを提供されているサイトが多く見られます。
色選びの参考にはなりますが、パソコンやインターネットの利用環境によっても色の見え方に違いがあるので気をつけたいところです。
デスクトップパソコンは暗くノートパソコンは明るく見える傾向があります。もちろん、モニター調整によって色の明るさは変わってきます。
OSの違いが見られます。Windowsは暗く、Macintoshは明るく見える傾向があります。また、モニター(液晶画面など)によっても違いが見受けられます。
住宅街.jpg

2つのサービス

① A4サイズのサンプルをお作り致します。※但し、予めご要望のお客様のみになりますのでご了承下さい。

塗装A4サンプル.jpg ご要望がございましたら、メーカーでご指定A4サイズ
塗り板サンプルをお作りします。実際に外壁にあててもらうとイメージがわきやすいと思います。※お客様にご負担していただく場合もございます。

② カラーパースの作成

専用ソフトでのカラーパース作成
カラーシュミレーション実例

  • はじめに
  • こだわり
  • シミュレーション
  • 人気塗料ランキング
  • 雨樋交換
  • 火災保険でお得にリフォーム
  • マンション・アパート
  • 外壁診断
  • 雨漏り診断